炭酸パックによる日焼け対策について

炭酸パックを適切に使用することによって、肌の血行を促進し、老廃物を輩出しやすくすることによってメラニンやくすみ、黒ずみなどの肌トラブルを解決することができます。
ここでは、炭酸パックを使用した日焼け対策の方法とポイントについて説明していきます。
まず、炭酸パックを使用する際は、肌を洗顔して清潔な状態にしてからにしましょう。毛穴や皮脂などの汚れが残ったままだと、効果が下がってしまいます。
次に、使用頻度は週に1回程度にしましょう。あまり頻繁に使用すると、肌に刺激が加わり、肌トラブルを招いてしまうことがあります。
日焼けなどで肌がひりついていたり、赤みがあるときには使用を中止し、肌が落ち着いてから使用するようにしましょう。
パックは炭酸ガスが含まれており、毛穴から毛細血管に入り込みます。この際に余分な皮脂や角質が落ち、キレイになると言われています。また、血管の中で一時的に酸欠状態となり、赤血球が多くの酸素を運搬するようになります。こうなると、血行がよくなって老廃物が流れやすくなり、メラニンや吹き出物、ニキビなどの原因となる余分な脂質が流れてゆき、肌の環境を整えてくれます。
炭酸パックを使用したあとは、肌がほてってやや赤みをもつことがあります。また、熱を持っていることもあるので、あまり刺激の強いローションや乳液を使用するのは避けましょう。
マイルドな基礎化粧品を使って十分に保湿をしておくと効果的です。